株主の皆様へ

代表取締役CEO 大淵 亮平 代表取締役CEO 大淵 亮平

代表取締役CEO

大淵 亮平

当社のミッションは、「知を創集し道具にする」です。

インターネットの普及、そしてスマートフォンの登場で、現代において人々は常に何かしらのデジタルとの接点を持つようになっています。そして、その裏側では様々なデータが蓄積されています。

しかし、こうしたテクノロジーは新しいがゆえに、そのデータをどのように分析し、何を行うべきかという「課題解決のアクション」への活かし方という知見は、まだ充分に広まっていません。現時点においては、特定の国、地域、企業、そして人に、そうした知見が偏在しているのが事実です。

私たちがもともとコンサルティング事業を行っていた頃、とてもよく似た課題を抱える企業を何社も見ました。その結果、私たちはいつも同じように、その似た課題を似たアプローチで解決する、ということを繰り返していました。私たちのお客様はその成果に喜んでくださったのですが、人的なコンサルティングを提供するというビジネスモデルでは、私たちが喜ばせることのできる企業の数が限られてしまうことに気づいていました。

このように、既に確立された技術や解決方法があるにもかかわらず、それを知らずに、一から同じ様なものを発明してしまう「車輪の再発明」が今も世界中で行われています。私たちは、こうしたことが非常にもったいない、そう強く感じています。

そこで、私たちは世界に遍在する知を創集し、その集合知を誰にでも使える道具へと変え、すべての企業や人に開放しようと考えました。コンサルティングを人的に行うのでなく、優れたテクノロジーによって、あらゆるビジネスのデータを整理・分析だけでなく課題特定・解決まで行う「ビジネスの相棒」を世界に届けようと決めました。

AIなどのシステムは、大量のデータを漏れなくダブりなく見ることや、統計的処理、パターン認識などを得意としています。一方、人間はAIとは違い、よりクリエイティブな未知への挑戦ができます。システムが得意なことはシステムに任せ、人間はクリエイティブに働く、そんな世界を作りたいと私たちは考えています。

人々が私たちの生みだした道具を活用することで、あらたな新しい価値が世界各所でうまれ、それを求める人々に届けられることにより、その集合がやがて世界をおおきく発展させると私たちは信じています。

その世界の実現のため、私たちは、圧倒的な知ですべての人々のビジネスを加速する相棒を、テクノロジーを駆使して生みだす世界最高の課題解決会社を目指します。そして、私たちの生みだした「相棒」と共に、世界中の企業、そしてそこで働くビジネスパーソンの生産性を高め、皆さんのクリエイティビティの最大化を実現したいと強く願っています。

今の私たちはまだまだ小さく、目指す世界の実現には遠いものの、いつか実現できるものと信じております。その実現のために、ひとりでも多くの人に支えていただきたく、また支えてくださる投資家の皆様と共に、世界を発展させていきたいと思っています。

末筆にはなりますが、日頃ご支援頂いております皆さまに、厚く御礼申し上げると同時に、引き続きのご支援賜りますようお願い申し上げます。

株式会社WACUL
代表取締役CEO
大淵 亮平