WACULテクノロジー&マーケティングラボ、新たに研究パートナー制度を開始。第1弾として、才流 栗原氏、ブランディングテクノロジー 黒澤氏、ベイジ 枌谷氏ら3名を加え、研究活動をさらに加速

AIを活用してデータドリブンなデジタルマーケティングを誰にでも可能にするSaaS「AIアナリスト」を展開する株式会社WACUL(ワカル)は、社内研究所「WACULテクノロジー&マーケティングラボ」の活動をさらに推し進めるため、研究パートナー制度を開始し、その第一弾として、株式会社才流 代表取締役 栗原康太氏、ブランディングテクノロジー株式会社 執行役員 黒澤友貴氏、株式会社ベイジ 代表取締役 枌谷力氏の3名を研究パートナーに迎えたことをお知らせします。

2019年2月1日に設立された「WACULテクノロジー&マーケティングラボ」は、垣内勇威を研究所所長とし、AIやマーケティングの最先端を知るアカデミック分野とビジネス分野の両分野の研究所顧問たちから助言をいただき、研究活動を行って参りました。
今回、現在行っている研究活動の“スピード”と“深さ”のさらなる強化の一環で、多面的な情報と視点を研究活動に取り入れるべく、新たに「研究パートナー制度」を開始することと致しました。

研究パートナーは、デジタルマーケティングのより幅広い分野のエキスパートにより構成され、それぞれの得意とする分野における勝ちパターンの開発・提供を、WACULのビッグデータや分析アルゴリズムといった基盤を活用しながら共に行ってまいります。
今回、そのパートナーの第一弾として、BtoBデジタルマーケティング支援、ローカルビジネスのデジタルシフト支援において多数の実績、深い知見を持つ3名に参画いただきました。これにより、WACUL テクノロジー&マーケティングラボはこれらの分野での研究活動のさらに加速し、プロダクトを通じた社会への知見の還元を推し進めてまいります。

研究所顧問

すでに研究活動にご尽力いただいている研究顧問は以下の6名です。

アカデミック分野

  • 阿部誠 東京大学教授
  • 若林靖永 京都大学教授
  • 櫻井義尚 明治大学准教授

ビジネス分野

  • 石川森生 ディノス・セシールCECO
  • 長谷川智史 ソウルドアウト上級執行役員
  • 渡辺春樹 元 本田技研工業株式会社Webマスター

今回参画した研究パートナー

今回、研究パートナーとして新たに加わったのは以下3名です。

栗原康太

栗原康太

1988年生まれ、東京大学文学部行動文化学科社会心理学専修課程卒業。
2011年にIT系上場企業に入社し、BtoBマーケティング支援事業を立ち上げ。事業部長、経営会議メンバーを歴任。2016年に「才能を流通させる」をミッションに掲げ、経営者・事業責任者の想いの実現を加速させる株式会社才流を設立し、代表取締役に就任。
アドテック東京などのカンファレンスでの登壇、宣伝会議・広報会議など主要業界紙での執筆、取材実績多数。

TwitterFacebook

黒澤友貴

黒澤友貴

1988年生まれ。ブランディングテクノロジー株式会社 執行役員 経営戦略室 室長。新卒でブランディングテクノロジー株式会社に入社。中小・中堅企業向けにデジタルマーケティング領域のコンサルティングを6年間行う。現在は自社の経営戦略策定、ノウハウ開発、人材育成などの役割を担う。社外では「日本全体のマーケティングリテラシーを底上げする」をミッションに1,500人近くのマーケターが集まる学習コミュニティ(マーケティングトレース)を運営。

noteTwitterNewspicks

枌谷力

枌谷力

1997年にNTTデータに入社、4年間営業職を経験した後、2001年にデザイナーに転身。制作会社やフリーランスでキャリアを積み、2010年に株式会社ベイジ設立。BtoB領域を強みとするweb制作会社の代表として、BtoBマーケティング、UX、デザイン、コンテンツ、組織デザイン、キャリア設計など、様々なテーマでイベント登壇、取材、寄稿等の活動を行っている。

TwitterFacebook


詳細はこちらへ