Webサイト分析の「AIアナリスト」がリニューアル

2017-03-27

NEWS - RELEASE

さらに多くの分析を自動化、500時間の工数削減を実現

株式会社WACUL(読み:ワカル 本社:東京都千代田区 代表取締役:大津 裕史)は、2017年3月27日(月)、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」をリニューアルしたことを報告します。
より多くのユーザに共感を抱いて頂けるようサービスロゴを含めたデザインを一新し、さらに登録サイト数の増加により新たに実現が可能となった分析機能を多数追加しました。人間が行うと一回の分析完了に約40時間かかる分析内容を人工知能が自動化していましたが、今回の分析手法の強化で約500時間分の広範囲に渡る分析手法が搭載されました。

「AIアナリスト」デザインを一新

サービスロゴ、Webサイト、管理画面を一新しました。これまでWACULと統一されていなかったデザインに一貫性を持たせ、「1. 友好的」「2. 革新的」「3. 知的」をコンセプトに、今後ビジュアルやメッセージを発信していきます。

「AIアナリスト」新ロゴとサービスWebサイト

人工知能がサイトを分析する手法を大幅に強化

「AIアナリスト」がサイトを分析する手法が大幅に強化されました。強力な分析手法を搭載することで、より成果に直結する改善方針を人工知能が自動で提案します。以下に、人工知能の分析手法を一部紹介します。

経由良い分析提案「なぜ」の画面画像

・フォーム誘導分析
訪問数が多いものの、ユーザを申し込みフォームに誘導できていないページを探して、ページの改善方針を提案します。申し込みフォームに誘導するユーザの数を増やして、コンバージョンに至る数を最大化できます。

・広告LP分析
ネット上の広告から、ユーザを誘導するのに最も適した入口ページを提案します。より少ない広告出稿額で、大きな成果をあげられます。

・重要検索ワード分析
検索順位を上げると成果が大きく伸びるキーワードを洗い出して提案します。今まで検知できなかった、SEOで注力したほうがよいキーワードの発見につながります。

・類似サイト分析(※今後リリース予定)
業界・コンバージョンが類似したサイトに比べて劣っている点を教えてくれます。

・広告の間接効果分析(※今後リリース予定)
コンバージョンしたユーザに、最初に接触できた広告を探します。

 

サイトの特性に合わせたユーザ別の分析

サイトを分析する際に、サイトの特性に合わせたユーザ別での分析が重要です。例えば、リピーターの多いECサイトは、「新規 / リピーター」のユーザ別で分析することで、リピーターからの売上増加につながる課題を見つけられます。しかし、見たいユーザ別に様々な分析手法を組み合わせると、何万通りものパターンがあり、すべてを分析するには、スキルと集計時間が必要です。

今回のリニューアルによって、サイトの特性に合わせたユーザを指定するだけで、人工知能が上記の分析手法に沿って、発見した重要な課題を教えてくれます。

ワークスペース一覧画像

ワンクリックで見たいユーザの分析結果に切り替えられるので、分析の工数はほとんど必要ありません。ユーザ別の分析を簡単に継続できるので、サイト全体の分析だけでは気づきにくい課題もすぐに検知できます。

「AIアナリスト」サービス概要

「AIアナリスト」は、Googleアナリティクスのアクセス解析データと連携させた大量のデータを人工知能が分析、課題発見、課題ごとの改善方針提案まで全て自動で行うサービスです。中小企業経営者や企業のWeb担当者の「Web専任の担当者をおく予算がない」「Webサイトのデータはとっているけど、どう使用していいのかわからない」などのお悩みに対し、「データの”わかる化”でビジネスの意思決定を簡単に」をビジョンに「AIアナリスト」を提供しています。

一部の機能が無料で利用可能

上記でご紹介したリニューアル後の一部機能を、無料でご利用いただけます。無料でのご利用でも、今まで気づかなかったサイトの課題発見につながるので、以下ページよりお試しください。

「AIアナリスト」の無料利用申し込みはこちら

https://wacul-ai.com/

機能や料金について、詳細なご質問などございましたら、下記お問い合わせ窓口までご連絡くださいませ。
今後とも「AIアナリスト」をよろしくお願いいたします。

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ、お申込み先
株式会社WACUL TEL: 03-5244-5535(担当 : 鐙谷直貴)