【機能リリース】「AIアナリスト」が「Google 広告」との連携を開始しました

2020-11-17

RELEASE

マーケティング&セールスのDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(代表取締役CEO:大淵 亮平、以下当社)の提供するデジタルマーケティングのPDCA自動化ツール「AIアナリスト」は、「AIアナリスト」が「Google 広告」との連携機能をリリースしました。第1段階として「AIアナリスト」にGoogle 広告アカウントの開設機能を搭載しました。

AIアナリストがGoogle広告との連携を開始しました

AIアナリストがGoogle 広告との連携を開始しました。今後さらにデータ連携や分析・フィードバックなどまで拡張していきますが、第1段階としてAIアナリストにGoogle 広告のアカウント開設機能を搭載しました。これにより、Web広告未出稿の事業者様が「広告アカウント開設 → 広告効果の試算 → 広告出稿開始」という一連のフローがスムーズに行えるようになりました。

背景

デジタルマーケティングにおいて、Webサイトへの集客とサイト内の改善は、一気通貫で考えるべきものです。
ところが、現在市場に提供されているツールは、「集客」か「サイト改善」のどちらか片方に特化しており、利用者にとって、全体最適で施策を検討することが難しい状況となっています。
これまでAIアナリストは、特に「サイト改善」サイドに強みをもっていましたが、「集客」サイド(Web広告やSEO等)の機能をより強化することで、更に効果的なデジタルマーケティング支援が提供できると考えております。

本リリースの狙い

デジタルマーケティングの集客施策においてWeb広告は重要ですが、「難しい」「よく分からない」といった感覚をお持ちの事業者様がまだまだ多く、Web広告への投資は心理的ハードルが高い環境であると捉えています。
このような事業者様に向けて、当社はWeb広告の中でも最も有効かつ導入ハードルが低いGoogle 広告からのスタートを推奨しております。
AIアナリストから簡単にWeb広告のスタートが出来るようになることで、「広告アカウント開設 → 広告効果の試算 → 広告出稿開始」という一連のフローがスムーズに行えるようになり、事業者様のマーケティング活動のドライブに寄与できると考えております。

機能の特徴

Google広告アカウント開設

AIアナリストの画面からGoogle 広告のアカウント開設が可能になりました。
「Google 広告アカウントを作成する」というボタンを押下するだけで、アカウントの開設が完了するため、どなたでも簡単に広告出稿がスタートできます。

クリックで簡単にアカウント開設

類似サイトデータに基づいた広告効果の試算

広告未出稿(もしくは出稿量が少ない)サイトの場合、AIアナリストから広告出稿を推奨する改善提案が表示されます。
類似サイトの出稿ボリュームを目安と出来るため、どの程度Web広告にコスト投下すればよいかが分かり、出稿開始前の費用対効果の試算に役立てられます。

類似サイトデータに基づいた広告効果の試

今後の展開

AIアナリストは今後もWeb広告関連の機能アップデートを進め、サイト分析と併せてより効果的な広告運用が出来る環境を構築して参ります。

また、WACULでは広告運用代行サービスも行っておりますので、ご興味ある方はぜひお問合せください。