B2Bサイトを平均1.5倍改善させるなど売上向上に大きく貢献する「AIアナリスト」、コロナ影響を受けるB2B企業が今すぐ取り組むべき改善ポイントを無償で公開

2020-04-16

NEWS

デジタルマーケティングのPDCAツール「AIアナリスト」を中心としたDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(読み:ワカル、代表取締役CEO:大淵 亮平、以下当社)は、B2BサイトのCVR改善に効いた「AIアナリスト」の導入後の平均改善幅およびその分析ポイントについてのレポートを発行したことをお知らせします。

コロナショックの今こそ「接客」への投資を。約30,000サイトのデータから得られたCVR改善の定石を公開

新型コロナウイルス感染症の影響で展示会などのオフライン施策の実行が難しい現在、マーケティングのDXを推進する当社には、日々オンライン上でより多くの売上やリードを創出するためWebサイト改善に関する相談が寄せられます。

新型コロナウイルスの影響でマーケティング投資も慎重にならざるを得ない状況下にある一方、このような環境下だからこそ、多くの企業がデジタルへの投資を検討をはじめています。ただ、そこで広告などの「集客」なのか、Webサイト改修などの「接客」なのか、はたまたそのほかも含めて、どこから手を加えるべきかに悩む企業が多くいます。

当社では、直近の変化に対応しながら、将来の財産にもなる投資を推奨しています。例えば「接客」領域でCVR改善に取り組むことは、直近の売上増の効果はもとよりコロナショックからの回復後にも効果が継続するため、こうした経済の停滞期にはよりよい投資となると考えています。

こうした背景もあり、現在「AIアナリスト」の導入を検討いただくことが増えています。そこで投資対効果を聞かれることが多くあるため、今回「B2B領域」を取り上げて、直近12ヶ月でどれだけの効果をクライアントに提供できたのか、その際のご提案の事例を紹介するレポートを公開しました。

「AIアナリスト」を活用したB2B企業10社の改善幅は1.5倍。最大で約2倍に改善したケースも

AIアナリスト有料プランを12ヶ月以上導入しているB2B企業の中から、導入日が新しい順に10社を抽出。各社における導入前の12ヶ月間と導入後の12ヶ月間のCVRを調査し、どのぐらい数字が変化しているのか改善率を算出しました。

その結果、図表1のとおり直近10社の改善幅の平均は導入前比で約1.5倍となりました。また、直近10社で「AIアナリスト」導入後、すべての企業で改善がみられました。中には、約2倍に改善したケースもあり、当社のツールの分析力およびサポートなどの力強さを示すものでした。

レポート全文はこちらをご覧ください

AIアナリスト運営から見えたB2BサイトでCVR改善に効く施策研究
https://wacul.co.jp/lab/b2b-bestpractice-with-aianalyst


「AIアナリスト」導入でCVRを1.5倍にすれば、広告費を2/3に抑えてコストを削減することや、問い合わせ数を増やして売上を1.5倍に増加させることができます。1CVあたりから見込めるリターンをお知らせいただければ、みなさまのWebマーケティングのコストパフォーマンス最大化に向けたご提案が可能です。お気軽にお問い合わせください。

AIアナリストの導入検討はこちらからお問い合わせください

https://wacul-ai.com/