2022-01-14 RELEASE

広告運用支援の「AIアナリストAD」がフルリニューアル。追加料金なしで、デジタルマーケティングの総合支援が可能に 〜サイト改善含む支援で、ROIの高い広告運用を実現〜

データ分析ツール「AI アナリスト」でマーケティングDX を自動化する株式会社WACUL(読み:ワカル、本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:大淵 亮平、証券コード:4173、以下WACUL)は、この度、広告運用支援サービスの「AIアナリストAD」をリニューアルしたことをお知らせします。

広告運用支援の「AIアナリストAD」がフルリニューアル、追加料金なしで、デジタルマーケティングの総合支援が可能に 〜サイト改善含む支援で、ROIの高い広告運用を実現〜

リニューアルの背景

昨今、企業のデジタル広告への投資額が年々増加傾向にあり、事業におけるデジタルの重要度は増しています。そして多くの企業が、広告運用を外部に委託しています。

デジタルを活用して成果を上げるためには広告運用のみならず、サイト改善やメールマガジン最適など数多くの領域に注力する必要があります。しかし、運用金額が売上と比例する広告運用支援会社は売上最大化のために、多額の広告予算を使ってウェブサイトへ集客することのみに終始し、集客後のCVR改善などについては支援できていないことが多いです。その結果、広告のROIが合わないケースが散見されます。

WACULはこうした課題を解決するために、広告運用支援サービスである「AIアナリストAD」をリニューアルいたしました。

WACULは、35,000以上のサイトデータを有する自社プロダクト「AIアナリスト」を軸に、これまで1,000社超の企業を支援し、様々なマーケティング課題の解決を行ってきました。この度の「AIアナリストAD」リニューアルにより、マーケティング部門が「AIアナリスト」活用によるWebサイトとWeb広告の一体運用することで、広告運用の部分最適に陥ることなく、企業のデジタルマーケティング全般の全体最適化と、それによる成果の最大化にコミットするサービスにアップグレードされます。

広告運用費用のみでデジタルマーケティングの総合支援を行う新しい「AIアナリストAD」

本サービスでは、広告運用支援に加えてサイト改善SaaS「AIアナリスト」がセットで提供されるにも関わらず、サービス提供にかかる費用が広告運用だけを行うケースの業界スタンダードである20%に抑えられているのが特徴です。企業は、通常の代理店費用を払うことで、広告の最適化のみならずサイト改善活動にも取り組むことができ、広告効果を最大化することができます。

お問い合わせはこちら

https://wacul-ai.com/ad/

事業責任者コメント

AIアナリストAD 事業責任者:WACUL執行役員 松尾龍

AIアナリストAD 事業責任者:WACUL執行役員 松尾龍

多くの企業様がWEB広告への投資を進める一方で、各媒体のアルゴリズムの進化、競合プレイヤーの進化に伴い、広告運用を最適化するための正しい戦略を描ける企業が少なくなっております。

また、一般の広告代理店ですとWEBの予算を最大化するというバイアスがどうしてもかかり、本来やるべき投資がおざなりになります。

今回、当社がAIアナリストで培ってきたデジタルマーケ、DXコンサルのノウハウを広告運用とセットで提供することで、広告の精度を上げることは勿論、ビジネスゴールに近い広告運用を実現して参ります。

お問い合わせ