WACULとRepro、AIによるデータ分析からWebサイトの導線設計と接客の効果を最大化すべく協業に合意。データマーケティングの自動化によるWebサイトからの顧客獲得と売上最大化を容易に

2019-09-18

NEWS

データ×AI×SaaS”でデータドリブンなWebマーケティングを誰にでも可能にする株式会社WACUL(ワカル)と世界59か国6,500以上の導入実績を持つマーケティングプラットフォーム「Repro(リプロ)」を提供するRepro株式会社とは、Webサイトに関わるビッグ・データ分析とWebサイトの導線設計等のAIによる自動改善提案に強みを持つ「AIアナリスト」と、分析結果をもとにパーソナライズしたwebメッセージを表示させ、エンゲージメントの向上やより高いコンバージョンの創出に強みを持つ「Repro」を組み合わせ、データの活用によってWebサイトからの顧客獲得と売上の最大化を容易にすべく、協業に合意したことをお知らせします。

本協業の狙い

データをもとに集客や導線設計等のWebマーケティングの改善提案に強みを持つ「AIアナリスト」と、属性・行動データをもとにパーソナライズしたwebメッセージを通じてエンゲージメント向上やより高いコンバージョンの創出を強みとする「Repro」とは、同じくデータドリブンなWebマーケティングの普及を目指しており、同じ志のもと、相互の強みを活かしながら、足りない部分を補完しあう関係にあります。

例えるならば、店舗において「AIアナリスト」が顧客データ分析とそれに伴う店舗デザインや導線設計に強みを持つ一方、「Repro」は店員による接客に強みを持つ関係にあり、両社が協力することにより、店舗と接客の両軸をデータを用いながら改善することができるため、店舗全体の売上の最大化が見込めます。

AIアナリストユーザーへの恩恵

「AIアナリスト」のユーザーは、この協業により「AIアナリスト」の提案するWebサイトの改修をせずとも「Repro」のwebメッセージ機能を用いてクイックに試験的な実装を行うことで、リーンなPDCAの実行が可能になり、「AIアナリスト」の提案の恩恵を最大化することができます。
これまで「AIアナリスト」のユーザーは、改善提案を実際にWebサイトに反映するためにWebサイトの改修を必要とするケースが多かったため、改善案の実装までのタイムラグの発生や、改修に多くのコストを掛ける必要などがありました。しかし、本協業により、WACULが「AIアナリスト」に加えて「Repro」を提供することで、Webサイトの改修以前に接客ツールによって反応を試したり、改修による実装までのタイムラグを最小限に抑えることが可能になったりするため、「AIアナリスト」の改善提案の恩恵を最大限に受けることが可能になります。

Repro Webユーザーへの恩恵

「Repro」のユーザーは「AIアナリスト」の分析・改善提案をwebメッセージに反映させることで、精度の高い導線最適化施策を実施することが可能となります。
WACULの「AIアナリスト」はアクセス解析データ等の分析をAIが行うことで、集客からサイト内回遊の導線設計まで幅広く改善の提案を行うことが可能であり、分析結果を「Repro」のwebメッセージを活用してパーソナライズしたページに誘導させることで関心度が高い情報を届けることができ、エンゲージメント向上や、より高いコンバージョンの創出が可能となります。

WACULについて

<会社概要>

会社名 株式会社WACUL(読み:ワカル)
URL https://wacul.co.jp/
所在地 東京都千代田区神田小川町3-26-8 2F
代表取締役 代表取締役CEO 大淵 亮平
事業内容 AIによるデジタルマーケティング改善提案ツール「AIアナリスト」企画・開発及び販売

<主要サービス>

・デジタルマーケティング自動分析・提案SaaS「AIアナリスト」

株式会社WACULが提供する、AIによるWebサイト分析ツール。Googleアナリティクスを連携するだけで、AIがWebサイトのデータを集計し、改善提案を行う。
申込サイト(無料)はこちら:https://wacul-ai.com/

・CV起点のコンテンツSEO制作支援「AIアナリスト SEO」

AIがアクセス解析データに基づいて狙うべきキーワードの選定を行い、SEOに強いコンテンツを制作する。
サービスご紹介・資料請求はこちら:https://writer.wacul-ai.com/

Reproについて

「Repro」は2015年にリリースした事業成長につながるカスタマーエンゲージメントを生み出すマーケティングプラットフォームです。現在世界59か国6,500以上(2019年4月時点)のサービスで利用されています。
web・アプリユーザーの行動・属性情報を分析し、ユーザーが動く最適な「体験」と「今」を見える化。分析結果からプッシュ通知・アプリ内メッセージ・webメッセージ・広告配信などのマーケティング施策を一気通貫して実行することができます。
また、よりエンゲージメントを生み出すため、AI・機械学習を活用した機能の研究開発チーム「Repro AI Labs」では、マーケティングの自動化に向けた実証実験と開発を進めており、AIがアプリから離脱する可能性が高いユーザーを約90%の精度で予測することに成功。商用化も実現しています。
Reproは「企業とユーザーのコミュニケーションを最適化する」というミッションのもと、web・アプリのみならず、新たな領域のデータを連携させ、世の中のサービスとユーザーが結びつき、共創し合う最適な体験を実現できる世界を創ってまいります。

社名 Repro株式会社
所在地 東京都渋谷区代々木1-36-4 全理連ビル4F
代表者 平田 祐介
設立 2014年4月
事業内容 モバイルアプリ・web向けのCE(Customer Engagement)Platform Reproの開発・提供
Twitter https://twitter.com/reproio
Facebook https://www.facebook.com/reproio

アプリの成長を支援するメディア「グロースハックジャーナル」

サービスご紹介・資料請求はこちら:https://growthhackjournal.com/
Twitter:https://twitter.com/GrowthHackJnl
Facebook:https://www.facebook.com/growthhackjournal/