WACULとラクス、メールマーケティングの効果を最大化するアプローチについて、共同研究を開始。相互の知見の共有により、“メールマーケティングの勝ちパターン”解明に取り組む

2019-12-09

NEWS

“データ×AI×SaaS”で中小企業でもデータドリブンなWebマーケティングを可能にする株式会社WACUL(読み:ワカル)の社内研究所「WACULテクノロジー&マーケティングラボ」は、中小企業向けのクラウドサービスを提供する株式会社ラクス(本社:東京都渋谷区 代表取締役:中村 崇則)と共同で、メールマーケティングの効果を最大化する“勝ちパターン”の解明にむけて、共同研究を開始しました。

WACULはこれまでアクセス解析データを中心として、Webマーケティングの改善提案ツール「AIアナリスト」を3万サイトに提供し、その解析・改善提案機能の強化および実装によるマーケティングの改善成果を蓄積してきました。そうした活動を通じて、テクノロジーとビッグデータとを適切につなぎあわせ、マーケティングの改善に結び付ける「行動解析技術」を磨き上げてきました。

一方、ラクス社はこれまでメール配信サービス「配配メール」を提供し、データおよびメールマーケティングへの知見を深めて参りました。

この両社が、過去のデータ、ノウハウおよびテクノロジーを持ち寄ることで、メールマーケティングにおけるデジタル活用の新たなベストプラクティス(“勝ちパターン”)を解明し、多くのマーケッターがメールマーケティングをより効果的に実践していくことができるであろうと考え、双方合意のもと、本共同研究を行うに至りました。

WACUL テクノロジー&マーケティングラボについて

WACUL テクノロジー&マーケティングラボは、WACUL取締役CIO兼研究所所長の垣内を中心に、WACULのビジネス・データ基盤をもとに、①中長期的な非連続な事業の発展に向けた研究活動および②Webマーケティングに関わる新たな”勝ちパターン”の研究により、WACULの成長の土台作りおよび主要プロダクトである「AIアナリスト」のさらなる改善に取り組んでまいります。
研究所には、最先端の知見を取り入れるべく、人工知能分野およびマーケティング分野の専門家を、アカデミック領域およびビジネス領域それぞれから顧問・パートナーとして迎えいれ、産学連携を行うことで、WACULの目指す「テクノロジーでビジネスの相棒を一人一人に」のビジョン実現に邁進してまいります。

https://wacul.co.jp/lab/

コンサルティングおよびPoCのご依頼について

データドリブンなマーケティングに関するコンサルティングやPoCのご依頼は、WACUL Lab.のウェブサイトのお問い合わせ窓口までお問い合わせください。
「AIアナリスト」は、2019年10月21日時点で30,000サイト超に導入されており、そのビッグデータから生まれる集合知をもとにしたマーケティング施策の提案が可能です。

https://wacul.co.jp/lab/contact/

WACULについて

<会社概要>

会社名 株式会社WACUL(読み:ワカル)
URL https://wacul.co.jp/
所在地 東京都千代田区神田小川町3-26-8 2F
代表者 代表取締役CEO 大淵 亮平
事業内容 AIによるデジタルマーケティング改善提案ツール「AIアナリスト」企画・開発及び販売
Twitter https://twitter.com/wacul_jp
Facebook https://www.facebook.com/wacul.co.jp/

<主要サービス>

・デジタルマーケティング自動分析・提案SaaS「AIアナリスト」

株式会社WACULが提供する、AIによるWebサイト分析ツール。Googleアナリティクスを連携するだけで、AIがWebサイトのデータを集計し、改善提案を行う。
申込サイト(無料)はこちら:https://wacul-ai.com/

・CV起点のコンテンツSEO制作支援「AIアナリスト SEO」

AIがアクセス解析データに基づいて狙うべきキーワードの選定を行い、SEOに強いコンテンツを制作する。
サービスご紹介・資料請求はこちら:https://wacul-ai.com/seo/

・低コストな自動広告運用サービス「AIアナリスト AD」

AIアナリストのノウハウを活用してCV獲得に効果的な広告媒体を選定、効率的な広告運用を代行する。
サービスご紹介・資料請求はこちら:https://wacul-ai.com/ad/