【調査結果発表】コンテンツマーケティングで成果を上げる企業の共通点とは?ブログ・記事メディアの運営体制に関するアンケート調査結果を発表

2020-06-26

NEWS

デジタルマーケティングのPDCAツール「AIアナリスト」を中心としたDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(読み:ワカル、代表取締役CEO:大淵 亮平、以下当社)は、コロナショックにより営業・マーケティングのオンライン化に伴い再び注目を浴びているコンテンツマーケティングについて、成果をあげる運営体制に関するアンケートを実施しましたので、その結果を報告致します。

営業・マーケティングのオンライン化に伴い再び注目を浴びているコンテンツマーケティング

コロナショックにより展示会などリアルな場を伴うマーケティング活動をおこなうことができない現在、オフラインで獲得していた接点をオンライン上で補うべく「コンテンツマーケティング」が再び注目を浴びています。コンテンツマーケティングという言葉に包括される施策は様々ですが、代表的なのは自社が運営するブログ・記事メディア(オウンドメディア)においてコンテンツを公開し、リード獲得・売上創出を狙う方法です。

この方法で成果を上げるためには、2019年7月に発表した研究レポート「B2Bサイトにおけるコンテンツマーケティングのあるべき姿についての提言」にもあるように、ブログ・記事メディアの運営に長期的に取り組む必要があります。
しかしながら、一時期のブームとともに立ち上げたもののコンテンツの更新が止まってしまっているオウンドメディアが多数存在する状況を踏まえると、ブログ・記事メディアに長期的に取り組むことは決して容易ではないと言えます。

そこで今回は、Googleアナリティクスより得られる定量データだけでなく、運営コストや評価方法にまで踏み込んだアンケート調査を実施。ブログ・記事メディアで成果を上げている企業とそうでない企業の違いを運営体制から明らかにすることで、コンテンツマーケティングを成功させるヒントを導き出しました。