新型コロナウイルス感染症拡大に備えた在宅勤務(フルリモートワーク)実施に関するお知らせ

2020-03-26

NEWS

デジタルマーケティングのPDCAツール「AIアナリスト」を中心としたDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(読み:ワカル、代表取締役CEO:大淵 亮平、以下当社)は、新型コロナウイルス感染症拡大に備えた在宅勤務(フルリモートワーク)を致します。

フルリモートワーク期間中においても、お客様やお取引様に係わるような対外的事業活動に影響をきたすことがないよう、最大限体制を整えて対応させていただきます。すでにお約束をいただいていたお客様やお取引様など関係者の皆さまには、ミーティングのオンラインへの変更など、ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

また、特に展示会・セミナーなどのイベントの開催が見送られる環境において、デジタルマーケティングの重要性が高まっています。マーケティングのDXを支援する当社だからこそ、原則在宅勤務であってもお客様にサービスの価値を届け続けることが、私たちの社会的役割であると認識しています。

在宅勤務(フルリモートワーク)への移行決定について

当社は、新型コロナウイルス感染症のさらなる拡大防止と従業員およびその家族、並びにステークホルダーの皆さまの安全確保を目的に、3月26日(木)から雇用形態に関わらず全従業員(従業員・派遣社員・常駐業務委託・アルバイト)を対象に原則在宅勤務(フルリモートワーク)を行うことを決定いたしました。

これまで、在宅勤務の推奨という形で対応してきましたが、3月25日(水)の東京都知事緊急記者会見を受けて、全社としてフルリモートワークへ移行することと致しました。

全業務は通常通り継続し、面接を含む社内外のミーティングを原則オンラインで行います。当社と対面でのミーティングを予定いただいていた皆様には対応変更などでご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。

期間については、現段階では4月3日(金)までとするものの、期間の延長や終了については、政府機関からのアナウンスや各所情勢などを総合的に鑑み、柔軟に対応していく予定です。

基本方針

  • 勤務形態に関わらず、全従業員(従業員・派遣社員・常駐業務委託・アルバイト)を対象とする
  • 社内外のミーティングを原則オンラインで実施する
  • 適用期間は3月26日(木)〜4月3日(金)までを当面の適用期間とする。延長等の期間変更については随時情勢をみて判断する
  • お客様やお取引様に係わるような対外的事業活動に影響をきたすことがないよう、最大限体制を整えて対応する

2020/4/1 アップデート

適用期間の延長のお知らせ

  • 適用期間を〜4月10日(金)まで延長します
  • 今後もお客様やお取引様に係わるような対外的事業活動に影響をきたすことがないよう努力します