WACUL Technology&Marketing Lab.、どのような特集ページがCVR改善に効くのかを調査し、特集ページのより良い活用方法を発表

2020-05-14

NEWS

デジタルマーケティングのPDCAツール「AIアナリスト」を中心としたDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(読み:ワカル、代表取締役CEO:大淵 亮平、以下当社)の社内研究所であるWACUL Technology&Marketing Lab.が、ECサイトにおいてどういった特集ページを、どういった形で活用すると、CVR最大化ができるのかをまとめたレポートを公表しました。

ECサイトの特集ページを分類し、どういった特集ページがCVRを最大化するのか調査

当調査では、特集ページを経由した場合と商品一覧ページを経由した場合のCVRを、特集ページのパターンごとに比較しました。過去の研究レポートと同じく今回も最も市場規模の大きいアパレル業界を例にとっています。特集ページのパターンは、対象となったアパレルEC16サイトの全特集ページを確認し、図表1の11種類として調査し、CVR最大化に貢献するタイプを調査しました。

レポート全文はこちら

特集ページをどう使っているサイトがCVRを高めているか、ベストプラクティスも発表

また、特集ページをどのように活用すると、CVRをより高めることができるのかについても、実際の大手ECサイトを調査し、どういった施策があるのかまとました。

レポート全文はこちら

自社のECサイトに関して、どう活用をしていけばよいのか分からない方、またデータを利用したデジタルマーケティングに興味のある方は、当社までお気軽にご連絡ください。

デジタルマーケティングのお問い合わせはこちらまで

https://wacul.co.jp/contact/