【WACUL調査】成果を出す人がGoogleアナリティクスで使う機能は10個だけ。アクセス解析の実態調査

2020-11-19

NEWS

マーケティングのデータ分析と改善提案、効果測定といったPDCAを自動化する「AIアナリスト」など、マーケティング&セールスのDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(読み:ワカル、代表取締役CEO:大淵 亮平、以下当社)の社内研究所であるWACULテクノロジー&マーケティングが、アクセス解析の実態調査としてGoogleアナリティクスに関するアンケートを実施し、成果を出す人がどういったことを行っているのかをまとめたレポートを公表しました。

【WACUL調査】成果を出す人がGoogleアナリティクスで使う機能は10個だけ。アクセス解析の実態調査

Googleアナリティクス活用ユーザーにアンケート調査を実施

マーケティング担当者など普段からGoogleアナリティクスを活用している方を対象に、メルマガやSNSにおいてアンケート協力を依頼。また、Googleアナリティクス活用歴10年以上の有識者であり、当WACULテクノロジー&マーケティングラボ関係者である3名の経営者からも同様のアンケートに回答してもらった。

本調査の提言

GoogleアナリティクスでCVR改善のために見るべきは主に「集客」系の機能であり、「行動」「コンバージョン」系の機能は概要を見るだけでも十分だと言えます。集客周りのデータが重視されているのは、流入元やランディングページはCVRに直結するものであり、且つ変動性が高いからでしょう。

また一方で、「ユーザー属性」や「行動フロー」など、CVに影響しないもののよく見られている機能が存在することもわかりました。言ってしまえばこれらの機能を眺めている時間は無駄であり、捨てるべきです。当レポートで明らかになった見るべき機能を参考に、ぜひアクセス解析の密度を高めていただきたいと願います。