「AIアナリスト」で見る「GoToTravelキャンペーンの影響」。追い風は観光業を昨年水準まで戻すことができたのか?【WACUL調査】

2020-08-13

NEWS

デジタルマーケティングのPDCAツール「AIアナリスト」を中心としたDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(読み:ワカル、代表取締役CEO:大淵 亮平、以下当社)の社内研究所であるWACULテクノロジー&マーケティングが、GoToキャンペーンがデジタルマーケティングの観点でどこまで影響を与えたのかをまとめたレポートを公表しました。

観光業界への追い風を7月の最新情報で調査した

新型コロナウイルスの新規感染者数は緊急事態宣言発令の期間に減少傾向にあったものの、緊急事態宣言解除後は残念ながら再度増加の傾向を示している。しかし、日本政府は7月10日、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ観光業界の消費を喚起する「Go To Travel キャンペーン」を、7月22日に開始すると発表した。経済と福祉のはざまで、バランスをいかにとるかは非常に難しい問題だ。

当社は「AIアナリスト」を2020年7月31日現在で、日本のWebサイトを中心に3.3万サイト以上に提供し、月間48億セッション程度のデータを保有している。そこから見えるデジタルマーケティングの動向について、レポートしていこうと思う。

主なトピック

  • 観光業界全体は前年同月水準まで回復
  • もっとも強く回復したのはレジャー施設
  • 宿泊施設は前年同月水準に戻せず
  • 旅行代理店は苦境が続く

これまでも2回にわたりコロナショックの影響を発信してきた

WACULテクノロジー&マーケティングラボでは、5月20日に研究レポート『「AIアナリスト」のデータから見る「コロナショックの影響」第1弾 追い風をうけた業界・向かい風の中の業界、100サイト緊急調査!訪問数が前年比10倍も』を、6月9日には『「AIアナリスト」のデータから見る「コロナショックの影響」第2弾 追い風をうけた業界・向かい風の中の業界 日本はニューノーマルに向かうのか』を発行し、Webサイトのアクセス解析データから、コロナショックの影響を推し量るレポートを相次いで発信してきました。こちらもぜひあわせてご覧ください。

「AIアナリスト」のデータから見る「コロナショックの影響」第1弾
追い風をうけた業界・向かい風の中の業界、100サイト緊急調査!訪問数が前年比10倍も

「AIアナリスト」のデータから見る「コロナショックの影響」第2弾
追い風をうけた業界・向かい風の中の業界 日本はニューノーマルに向かうのか