コロナショックの影響を受けるホテル業界がポストコロナを見据えて取りいれるべき「公式予約サイトの勝ちパターン」を発表

2020-04-23

NEWS

デジタルマーケティングのPDCAツール「AIアナリスト」を中心としたDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(読み:ワカル、代表取締役CEO:大淵 亮平、以下当社)は、「AIアナリスト」導入3万サイト以上の分析から見えた、ホテル業界が予約獲得増のためにすぐに取り入れるべき「公式予約サイトの勝ちパターン」を発表。あわせて勝ちパターンに沿って、各社のWebサイトを評価したランキングを発表したことをお知らせします。

新型コロナウイルスの影響に苦しむホテル業界向けにノウハウを無償公開

猛威をふるう新型コロナウイルスへの対抗策として非常事態宣言が発令され、多くの3密関連業界が打撃を受けています。人々の移動が制限される中、宿泊業者は97.56%が影響を受けているとの調査もあります*。これはあらゆる業種のなかでもトップ3に入る水準で、ほとんどの宿・ホテルが打撃を受けているといえます。

そこで、3.1万サイトのアクセス解析データを保有する当社は、ホテル業界の公式予約サイトがどうあるべきか、最も予約数を伸ばすためのWebマーケティングの勝ちパターン(ベストプラクティス)について調査を行い、その結果を無償で公開することとしました。

レポート全文はこちら

※2020年4月10日 東京商工リサーチ『第3回「新型コロナウイルスに関するアンケート」調査

最も勝ちパターンに沿っているホテルはどこか?ホテルランキングも発表

今回、関東・甲信越/じゃらんnet売れ筋宿ランキング**における各カテゴリの1〜3位の宿・ホテル、全15の公式サイトを評価対象として、ランキングをつけました。 その結果、もっとも勝ちパターンに沿った予約サイトとなっており、CVRが高くなるであろうサイトは『アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>』でした。

宿泊業のみなさま向けに、自社公式予約サイトの採点を勝ちパターンに沿って無償で行います。お問い合わせはこちらまでお気軽にご連絡ください。

宿泊業向け公式サイト無償採点はこちら


関東・甲信越/じゃらんnet売れ筋宿ランキング