2022-04-20 NEWS

WACUL取締役垣内著『デジタルマーケティングの定石』が第6刷増刷! 読者アンケートでの他者への推奨度は10点満点中8.2点 ~デジタル活用のよくある落とし穴を的確に指摘する解説が好評~

データ分析ツール「AI アナリスト」でマーケティングDXを自動化する株式会社WACUL(読み:ワカル、代表取締役CEO:大淵 亮平、証券コード:4173、以下当社)は、取締役垣内勇威著『デジタルマーケティングの定石~なぜマーケターは「成果の出ない施策」を繰り返すのか?~』の第6版増刷が決定したことをお知らせします。また、読者へのアンケートで、「この書籍を他者におすすめしたいか」10点満点の評価をしていただいたところ、平均8.2点という結果となりました。

WACUL取締役垣内著『デジタルマーケティングの定石』が第6刷増刷! 読者アンケートでの他者への推奨度は10点満点中8.2点 ~デジタル活用のよくある落とし穴を的確に指摘する解説が好評~

WACUL取締役の垣内が執筆した『デジタルマーケティングの定石~なぜマーケターは「成果の出ない施策」を繰り返すのか?~』が、発売から1年半で第6版の増刷が決定しました。

今回、61名の読者へアンケートを実施し、「この書籍を友人や同僚にどのくらいおすすめしたいか」10点満点の評価をしていただいたところ、平均8.2点という結果となり、他者推奨の度合いを示すNPS®は+33となりました。

また、回答者の75%が「実際に他者に書籍を薦めたことがある」と回答いただき、高い支持を得ています。


※NPS®とは「Net Promoter Score(ネットプロモータースコア)」の略称で、「この商品を知人や同僚にどれぐらい勧めたいですか?」という質問に対し、0〜10の11段階で回答してもらうことで、「顧客ロイヤリティ」を測る指標のひとつ


アンケート回答(一部抜粋)

  • デジタル系施策はつかみどころが良くわからないという認識が社内に多く、また説明の根拠とする資料の信頼性について精査する能力も至らないことが多い中、認識共有のための拠り所とするのに有意だと思う
  • 端的かつ具体的。チームのメンバーにも読んでもらうが、経営層に読んでもらいたい本としてもとてもわかりやすかった
  • 「デジタル」なので、なんでもできるだろ?というイメージを持つ上層部に対するカウンター知識として有効
  • 「マーケターの9割が自社の顧客を知らない」というメッセージで、顧客の解像度を高めなければという危機意識が醸成された
  • 書籍に書いてある施策を実践したらCVが伸びた

『デジタルマーケティングの定石~なぜマーケターは「成果の出ない施策」を繰り返すのか?~』

これまで当社が「AIアナリスト」やDXコンサルティングを通じて獲得してきたノウハウを凝縮し、「デジタルマーケティングの定石」=「勝ちパターン」として、それぞれの事業モデルに即した形でまとめました。あなたの事業モデルの勝ちパターンを知り、実際に今何が出来ていて何が出来ていないか確認できます。

また、この書籍は、デジタルマーケティングの小さな打ち手にとどまらず、ビジネスモデルそのものから「マーケティングのデジタルトランスフォーメーション(DX)」を実現するために必要な構造的理解からその実践の方法まで、経営者からマーケター、セールスの皆様まで幅広くビジネスに活かせるものとなっています。

<各種書店および各種ネット書店にて購入ができます>