地銀64行のカードローンLPの評価を行い、ランキングを発表。最も高い点数をつけたのは百五銀行。その後は、秋田銀行、八十二銀行と続く

2020-04-09

NEWS

デジタルマーケティングのPDCAツール「AIアナリスト」を中心としたDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(読み:ワカル、代表取締役CEO:大淵 亮平、以下当社)は、地銀64行のカードローンLPの評価を行い、ランキングを発表いたしました。

銀行カードローンのランディングページ(LP)の勝ちパターンから各LPを評価

「AIアナリスト」に登録のある3万サイトから、「カードローンLPの勝ちパターン」を抽出し、そこから評価基準を決定し、実際に第一地銀64行のカードローンLPをランキング付けしました。

具体的には調査の手順は以下の通り。

  1. 全国の消費者金融・都市銀行・地方銀行のカードローンLP(またはトップページ)を「AIアナリスト」で分析し、勝ちパターンを抽出
  2. 1に基づいて評価項目・採点基準を作成
  3. 2に基づいて地銀64行のカードローンのトップページを採点・ランキング化

ステップ1-2を通じて、勝ちパターンを抽出したちころ、CVRが高いカードローンのLPは、「スマホに最適化」「表示が速い」「CVの障壁が低い」「ファーストビューの訴求が端的」「CVボタンが視線の通り道にある」「フォームのステップ数が少ない」の6つの要件を満たしていることが分かりました。これに沿って、ステップ3のランキング化を行いました。

最も優れたランディングページだったのは百五銀行。秋田銀行、八十二銀行と続く

全国64行の地銀で、カードローンのページを評価した結果、「百五銀行」のLPがCVRが高くなる要件を最も満たしており、全国64行の比較で首位となりました。また、多くの地銀のLPはCVRを高める6要件を満たしておらず、改善の余地があることも分かりました。

レポート詳細はこちら
地銀64行 Webサイトランキング – カードローン編