【120分で最新の分析ノウハウをご紹介】Webサイト改善のためのデータ活用手法

2018-03-30

EVENT

4月25日(水)開催

ITSearch+WACULロゴ

Googleアナリティクスなどのツールを導入することにより、膨大なデータが蓄積されていますが、「データを読み解く」ことに苦労しているWeb担当者様も多いのではないでしょうか。
本セミナーでは、AIによるアクセス解析およびユーザ行動データの可視化により、蓄積されたデータをフルに活用し、CVR向上に繋げるための手法を、成功事例を交えながらご紹介いたします。

アクセス解析【株式会社WACUL】
成果率60%のWebサイト改善方針をデータから導き出すには
ユーザ行動の可視化【株式会社ビービット】
やるべきことが分かるカスタマードリブン・マーケティングとは

本セミナーは、このような方におすすめです

  • Googleアナリティクスのデータを見ても、具体的な施策に落とし込めないとお悩みの方
  • CVに至った顧客がどのような行動を取り、なぜCVしたのか知りたい方
  • Webサイトの伸びしろや課題を調べる方法を知りたい方

セミナー概要

日時 2018年4月25日(水) 15:30~17:30 (受付開始 15:00)
定員 60名
お申込み方法 事前のお申し込みが必要です。こちらよりお申込みください。
参加費 無料
会場 株式会社ビービット セミナールーム5F
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル5階
会場詳細はこちら
主催 株式会社WACUL、株式会社ビービット
お申込みはこちら

セミナープログラム

《第1部》株式会社WACUL 15:30~16:15

成果率60%のWebサイト改善方針をデータから導き出すには

株式会社WACULの提供するWebサイト分析の人工知能「AIアナリスト」は、CV数アップにつながるサイト改善のアドバイスを行い、多数のWebサイトで成果をあげてきました。
本セッションでは、「AIアナリスト」がCVR改善する上で提案している、効果的なアクセス解析・サイト改善の手法を解説します。サイトでみられるデータの傾向毎に、どのようなサイト改善が適切か、具体的な事例とあわせて解説するので、すぐに実践できる内容となっています。

株式会社WACUL 営業部長 林 駿佑

株式会社WACUL 営業部長 林 駿佑

東京大学を卒業後、2015年6月に株式会社WACULへ入社。成果コミット制のコンサルタントとして、Webサイト改善に従事。2016年4月、コンサルティングマネージャーに就任し、400件以上のサイト改善を手掛けた。
2018年よりマーケティング・営業を統括する営業部長に就任。

《第2部》株式会社ビービット 16:25~17:10

やるべきことが分かるカスタマードリブン・マーケティングとは

大量データやテクノロジーは使うものの、成果が上がらない企業も多く存在します。成否を分ける鍵は、単なるデータ分析だけではなく、 背景にあるニーズを読み解き、顧客体験の企画・設計が出来るかどうかです。
本講演ではデジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、 顧客改善を実践された企業様の実例を基に、カスタマードリブン・マーケティングを実現する手法をご紹介します。

株式会社ビービット アカウント・エグゼクティブ 生田 啓

株式会社ビービット アカウント・エグゼクティブ 生田 啓

京都大学工学部を卒業後、株式会社ビービットに入社。ユーザ中心アプローチによるネットマーケティング手法の開発や、金融機関、大手保険企業などへの コンサルティングに携わる。
その後、企業が科学的にマーケティングを行って確実に成果を創出するための効果測定ツール「ウェブアンテナ」およびのデジタル行動観察ツール「ユーザグラム」の事業運営に携わる。

お申込みフォーム